サブリースのテクニックで不動産投資を利用しよう

スーツの男性

空き部屋への対応

電卓と通帳

経営が安定します

賃貸マンションを所有していると、常に空き部屋を少なくすることが、大きな課題になります。それは空き部屋があることで、大きく利益が減少するためです。例えば1部屋の家賃が、1か月に10万円だとすると、1年間空き部屋になっていると120万円です。それだけの損失が1年間で発生すると、普通であれば生計を立てることすら困難になります。このようなことが賃貸マンションを所有していると、常に起こり得ます。そこで増加するようになっているのが、賃貸マンションの一括借り上げを依頼することです。一括借り上げですから、空き部屋が発生したとしても、所有者は損失になりません。そのため一定の利益が確保できるために、経営を安定させることが可能です。

郊外型に有利です

もちろん一括借り上げを依頼すると、手数料を請求されることになります。手数料の金額は、業者によって異なりますが、家賃の1割程度が多くなっています。先述の例であれば、1年間に12万円ですから、10部屋あれば120万円の請求です。これだけの金額ですから、それなりの負担になります。しかし空き部屋が多く発生し易い物件であれば、むしろ利益のほうが上回ります。そうした点で一括借り上げの依頼は、郊外型の賃貸マンションに有利な経営方法です。郊外型の場合には、都心部よりも住人の回転率が遅くなります。そのため一旦空き部屋が発生すると、長期に及び易いことが特徴です。この特徴を踏まえると、一括借り上げであれば、郊外型であっても空き部屋のリスクに対応できます。