サブリースのテクニックで不動産投資を利用しよう

模型と電卓

今人気の賃貸システム

スーツの男の人

リロケーション物件は定期借家として契約期間が定められていますので、借りる際には契約終了後のことも考えて利用するようにしましょう。そしてまた、貸す側にとっても空き家を利用し収入を得られるため、リロケーション物件は今後より普及していくと考えられています。

More...

民泊のニーズと運営方法

ウーマン

空き部屋やアパートを民宿として有効利用し収入も得られる方法としてairbnbは人気が高まっています。airbnbの宿の運営を代行する業者も増えていて、雑多な仕事を全て任せることができます。選ぶ際は、多くの言語に対応できるスタッフや、迅速にトラブルの対応ができる業者を選択しましょう。

More...

賃貸経営のリスクを減らす

マンション

延滞金回収も行ってくれる

サブリースというのは不動産投資をする場合の1つのやり方です。例えばマンション経営をする場合に空室が出るというリスクがあります。空室が出ると家賃収入が途絶えるので、すぐ次の入居者を探すことになります。このようなリスクを減らすのがサブリースです。サブリースの特徴は空室が出た時の家賃を保証してくれることです。ただしオーナーに入ってくる家賃収入は8割程度になります。それでも家賃保証だけでなく、入居者の延滞金などの回収もやってくれるのでメリットは大きなものがあります。別に事業や仕事を持っている人がマンション経営やアパート経営をする場合は、考え方を工夫して副業と捉えればいいのです。そうすればサブリース契約をすれば、家賃収入へ多少減りますが、すべてをサブリーズ会社が仕切ってくれるので自分は手を出さずに収益だけを上げることができます。

信頼できる会社を選ぶこと

別に本業を持っている場合はサブリース契約は有効ですが、マンション経営をメインで行って収益を上げたい場合は、サブリース契約によって家賃収入が減るのは迷うところです。そのような場合はサブリースの契約内容をよく検討する必要があります。またサブリース契約をしないのなら、収益物件を最初から狙って探すべきです。入居率が常に確保できるマンションやアパートを持てば家賃保証は必要なくなるのです。賃貸経営がメインですから管理運営だけを管理会社に委託すれば、もっと安い経費で可能になります。しかしトータルで考えた場合、多少家賃収入が減っても空室リスクがなくなるメリットは大きいものがあります。ただし信頼のおけるサブリース会社と契約する必要があります。

空き部屋への対応

電卓と通帳

賃貸マンションに空室がでるとその分利益が減ってしまいます。そうなると、もちろん経営状況も不安定となるので良くありません。そこで、近年では安定した経営をするために一括借り上げを利用しているところが増えています。また、郊外型の賃貸マンションに強いという特徴も持っているでしょう。

More...